山口大学学生生活の手引き


入学料・授業料

諸手続一覧】【入学料・授業料】【奨学金】【証明書

入学料

財務部財務課出納係
住所 〒753-8511 山口県山口市吉田1677-1
TEL 083-933-5103
医学部経営管理課経理係
住所 〒755-8505 山口県宇部市南小串1丁目1-1
TEL 0836-22-2027
工学部会計課経理係
住所 〒755-8611 山口県宇部市常盤台2丁目16-1
TEL 0836-85-9006

納入金額について

学生区分 検定料 入学料
学部生 17,000円 282,000円
大学院研究科の学生 30,000円 282,000円
研究生・専攻生 9,800円 84,600円
科目等履修生 9,800円 28,200円


詳細は、出納係ホームページをご確認ください。


入学料の免除・徴収猶予

学生支援部G
住所 〒753-8511 山口県山口市吉田1677-1
TEL 083-933-5611
E-mail ga113@yamaguchi-u.ac.jp





次の申請資格に該当すると認められる方(研究生、科目等履修生として入学する者は除く)には、本人の申請に基づき、選考の上、予算の範囲内で入学料の全額又は半額を免除する制度及び、選考のうえ、入学料の納入を猶予する制度があります。

入学料免除

(1)大学院
 次の申請資格のいずれかに該当する場合は、申請することが出来ます。
1.経済的理由によって入学料の納付が困難であり、かつ、学業優秀と認められる者
2.入学前1年以内において、入学する者の学資を主として負担している者(以下「学資負担者」という。)が死亡し、又は入学する者若しくは学資負担者が、風水害等の災害を受け、入学料の納付が著しく困難であると認められる者
3.学長が、前号に準ずる特別な事情により、入学料の納付が著しく困難であると認める者

(2)学部
上記(1)2又は3に該当する場合は申請することが出来ます。


入学料徴収猶予

(1)学部・大学院
 次の申請資格のいずれかに該当する場合は、申請することが出来ます。
1.経済的理由によって入学料の納付が困難であり、かつ、学業優秀と認められる者
2.入学前1年以内において、入学する者の学資を主として負担している者(以下「学資負担者」という。)が死亡し、又は入学する者若しくは学資負担者が、風水害等の災害を受け、入学料の納付が著しく困難であると認められる者
3.学長が、前号に準ずる特別な事情により、入学料の納付が著しく困難であると認める者


授業料

財務部財務課出納係
住所 〒753-8511 山口県山口市吉田1677-1
TEL 083-933-5103
医学部経営管理課経理係
住所 〒755-8505 山口県宇部市南小串1丁目1-1
TEL 0836-22-2027
工学部会計課経理係
住所 〒755-8611 山口県宇部市常盤台2丁目16-1
TEL 0836-85-9006


(1)納付方法
 授業料は初年度分から、あらかじめ登録したゆうちょ銀行貯金口座から、自動引落で年2回納付していただきます。

(2)納付金額
 授業料は、年間535,800円です。
  ・前期分と後期分の2回に分け、267,900円ずつ貯金口座から自動引落を行います。
  ・金額は、在学中に授業料の改定が行われる場合を除き、毎年変わりません。

(3)引落日
 引落日は、毎年、前期分は5月31日、後期分は11月30日です。
 ただし、この日がゆうちょ銀行の休業日(土日祝日)にあたるときは、その前の営業日に変更しますのでご注意ください。
 なお、各期で授業料の免除申請をされ、半額免除又は免除不許可となった方の引落しは、上記日程によらず、申請結果を通知した月の月末の営業日に行います。

授業料の免除

学生支援部G
住所 〒753-8511 山口県山口市吉田1677-1
TEL 083-933-5611
E-mail ga113@yamaguchi-u.ac.jp
医学部学務課教育・学生支援係
住所 〒755-8505 山口県宇部市南小串1丁目1-1
TEL 0836-22-2099
E-mail me237@yamaguchi-u.ac.jp
工学部学務課学生係
住所 〒755-8611 山口県宇部市常盤台2丁目16-1
TEL 0836-85-9011
E-mail en302@yamaguchi-u.ac.jp








平成29年度後期分授業料免除の申請について

平成29年度前期分授業料免除の決定について

授業料免除申請に関するQ&A

平成29年度後期山口大学授業料免除申請説明会の概要

平成29年7月5日からの大雨により被災した学生の皆さまへ

平成29年7月22日からの大雨により被災した学生の皆さまへ

平成29年台風18号により被災した学生の皆さまへ

 経済的理由により授業料の納付が困難であり、かつ、学業優秀と認められる方には、本人の申請に基づき選考の上、前期分及び後期分授業料の全額又は半額を免除する制度があります。
 授業料免除等の申請は、各期の授業料の納期前に取り扱いますので、希望者は、授業料免除申請システム(学内からのみアクセス可能、後期分は7月〜8月、前期分は1月〜2月に受付)に必要事項を入力し、必要書類を添えて担当係へ願い出てください。在学生の申込スケジュールは、上記の平成29年度後期分授業料免除の申請について及び授業料免除申請システム操作マニュアル内に記載がありますのでご確認ください。

授業料免除申請操作マニュアル 授業料免除申請システム

・Tuition Fee Exemption Application System Orerating Manual【PDF】

【授業料免除申請システムにログインするための暗証番号を忘れた方へ】
吉田地区の学生は、共通教育棟1階8番窓口へ、学生証を持参の上お越しください。電話で教えることはできません。
小串地区の学生は、医学部学務課教育・学生支援係、常盤地区の学生は、工学部学務課学生係へお越しください。

授業料免除の申請手順

@授業料免除申請システム操作マニュアルを参照の上、「2.本人調書の新規作成」を行います。

A本人調書を印刷してください。また、平成29年度後期山口大学授業料免除申請のしおりで必要書類を確認し、本人調書と併せて担当係へ提出してください。

B担当係が提出書類を点検の上、担当係から本人調書の提出が許可されます。

※平成29年度前期分の授業料免除申請をされた方は、提出書類を簡略化することができます。詳細は、平成29年度後期山口大学授業料免除申請のしおりの10頁に記載されている「6 提出書類の簡略化について」をご確認ください。

授業料免除の申請手続

授業料免除の申請手続きは、次の担当係において行います。

@学生支援部学生支援課学生サービス係
 人文学部、教育学部、経済学部、理学部、医学部・工学部の1年生、農学部、共同獣医学部、国際総合科学部、人文科学研究科、教育学研究科、経済学研究科、医学系研究科(理・農)、創成科学研究科(理・農)、理工学研究科(理)、
農学研究科、東アジア研究科、連合獣医学研究科の学生

A医学部学務課教育・学生支援係
 医学部の2年生以上の学生、医学系研究科(医)の学生

B工学部学務課学生係
 工学部の2年生以上の学生、医学系研究科(工)、創成科学研究科(工)、理工学研究科(工)、技術経営研究科の学生

 授業料免除申請者は、申請結果が通知されるまで、授業料の納付が猶予されますので、授業料を納付しないでください。一度納付した授業料は返還できません。
  ※なお,申請結果の通知より前に、退学、休学及び授業料免除申請の辞退をする場合は必ず担当窓口まで申し出てください。

授業料免除の許可、不許可の決定

(1)授業料免除の許可、不許可は選考の上決定し、その結果を前期分は6月中旬、後期分は12月中旬に申請者本人の山口大学公式メールアドレス宛に通知します。

(2)選考の結果、不許可の方は授業料の全額を、半額免除となった方は授業料の半額を、指定する期限内に納付してください。

納付を怠った場合は、除籍となりますので、注意してください。

※授業料の自動引落手続をしている方については、本学にて、前期分は5月末、後期分は11月末の引落を停止する手続を行います。申請結果通知後、不許可の方は授業料の全額を、半額免除となった方は授業料の半額を、指定する日に引き落としますので、指定日前日までに入金してください。

学力基準

 以下の基準に該当する場合、『学力基準の適格者』となります。

1.学部新入生
 出身高等学校の調査書の評定平均が3.5以上、または入試成績が上位2分の1以内
ただし、AO入学生は出身高等学校の調査書の評定平均が3.5以上の者を対象とします。

2.学部2年生以上
 各学部学科毎に定める標準修得単位数(申請しようとする学年の前学年の単位数)を取得し、かつ成績素点の平均点が7.5以上または学部学科(課程)の上位2分の1以内

3.編入学生・私費外国人入試合格者
 入試成績が上位2分の1以内


   成績素点の平均点の算出方法

算出計算式

秀(9.0)×単位数+優(8.5)×単位数+良(7.5)×単位数+可(6.5)×単位数 =成績素点の平均点
取得単位数
(平均点は小数点以下第2位で四捨五入する。)

成績素点の算出の範囲等


家計基準

 申請の基準日(前期申請:4月1日現在、後期申請:10月1日現在)の状況により以下の計算方法で家計評価額がゼロ円以下になれば、『家計基準の適格者』となります。

総所得金額
給付型奨学金
(@給与所得 + Aその他の所得)
特別控除 収入基準額 家計評価額

総所得金額の計算方法
 本人及び父母またはこれに代わって家計を支える方と同一生計内の方の1年間の総所得金額を算出します。
 本人が独立生計者の場合は、本人・配偶者等の収入を含めて1年間の総所得金額を算出します。

@給与所得
 給料、賃金、年金、恩給、賞与及びこれらの性質を有する給与等の場合は、収入金額から免除審査する為の計算式によって、得られた金額が給与所得となります。

Aその他の所得
 営業所得、農業所得、不動産所得、株式売買等による所得、配当金、前年度受給分給付型奨学金等が該当します。こちらについても、免除審査する為の計算式によって得られた金額がその他の所得金額となります。

特別控除額について
 具体的に、母子・父子世帯、就学者、障がい者、長期療養者、災害を受けた場合です。

収入基準額について
 本人及び父母またはこれに代わって家計を支える方と生計を同一にする方の世帯人数により、収入基準額が異なります。

 ※上記のように、同一生計者の所得のみで決めているわけではありません。

 ※確認したいこと・不明点等がありましたら、学生支援課学生サービス係(TEL:083-933-5611,E-mail:ga113@yamaguchi-u.ac.jp)までお問い合わせください。

 以上の他、在学中の学業成績が特に優れ、かつ、人物優秀であると認められる学部の学生には、1年前期分を除き、学部長の推薦に基づき選考の上、各期分の授業料を半額免除する制度を実施しています。


授業料免除、入学料免除・徴収猶予申請に必要な提出書類について【平成29年度後期】


【在学生・平成29年10月入学者の方共通】
↓申請に必要な提出書類についてはこちらでご確認ください。
・平成29年度後期山口大学授業料免除申請のしおり(在学生用)
・Guide to Applying for Yamaguchi University Tuition Fee Exemptions for the FY2017 Second Semester【準備中】
※平成29年度後期申請用のしおり(日本語版)を掲載しました(平成29年6月28日)
※平成29年度前期分の授業料免除申請をされた方は、提出書類を簡略化することができます。詳細はしおりの10頁「6 提出書類の簡略化について」をご確認ください。

※学部又は大学院博士前期課程を平成29年9月に卒業又は終了し、引き続き10月から大学院に進学する方(以下「学内進学者」とする。)は、在学生とは申請期間が異なります。学内進学者の方が、在学生の申請期間(平成29年7月31日〜8月23日)に在学時のIDとパスワードで申請しても、その申請は無効となりますので注意してください。

【平成29年10月入学者の方】※平成29年6月21日掲載
・新入生のみなさんへ(一般学生)〜平成29年度入学料免除及び徴収猶予申請について
・新入生のみなさんへ(社会人学生)〜平成29年度入学料免除及び徴収猶予申請について
・入学料免除・徴収猶予申請票
・新入生のみなさんへ(一般学生)〜平成29年度後期授業料免除申請について
・新入生のみなさんへ(社会人学生)〜平成29年度後期授業料免除申請について

【在学生・平成29年10月入学者の方共通】
↓申請に必要な書類の様式(各自でダウンロードしてください。)
 ※「平成29年度後期」用の様式に更新しました(平成29年6月28日)
・授業料免除願【WORD】※手書きは不可
・Application for Tuition Fee Exemption【WORD】※Please prepare it as a Word document
・平成29年度後期分授業料免除継続申請書【PDF】
・平成29年度後期分授業料免除変更申請書【PDF】←収入状況または家族状況に変更がある方はこちら
・受付事前チェックシート【PDF】
・給与等支給(見込)証明書【PDF】
・退職に関する証明書【PDF】
・在学証明書及び授業料免除状況証明書【PDF】
・長期療養申立書【PDF】
・生活状況申告書(独立生計申立書)【PDF】
・Declaration Form for Circumstances Regarding Livelihood(Written Statement of Independent Livelihood)【PDF】
・貼付台紙【PDF】
・入学料免除願・入学料徴収猶予願【PDF】

ページトップへ

山口大学 学生生活の手引き 2017